Xperiaのスタミナモード(STAMINAモード)がいい感じ

xperia-stamina

Xperia Zから導入されたスタミナ機能がXperia Z Ultraで結構いい感じに働いています。ちなみに国内版のXperia Zではなぜかこの機能が切られているという。仮にdocomoから発売された場合はやはり切られてしまうのでしょうか。

バッテリーの使用量(放置)

完全放置で、SIM無し、機内モードのWi-FiがONという状態で、1時間に1%以下のバッテリー消費量という感じになります。画面の大型化(やCPUの高性能化)でバッテリーの持ちへのアプローチは素直に嬉しいと思う。

設定>電源管理から設定ができる

設定の電源管理項目に、このような形で待ち受け時間(見込み)が表示されている。STAMINAモードのほかに、低バッテリーモード(以前からAndroidについていたと思います)、エリア連動Wi-Fiが設定できます。画面では3日と21時間と表示されていますが、STAMINAモードを切ると2日と1時間になります。

バックグラウンドで稼働するアプリを選択可能

STAMINAモードの設定では、バックグラウンドで動かすアプリケーションを指定できる。写真の場合は各種SNSから受け取りという事にしてあります。実行条件は低バッテリーモードのように一定の%を割ったときに機能するように設定できるようです。常に効かせる場合は100%を選択する。

Xperia Z Ultraに関しては今のところSIMを刺さないタブレット利用なので、この機能はかなりユーザー体験を良くしてくれます。

Xperia Z Ultra (14件)に関する新着情報

Xperia (16件)に関する新着情報

Tips (43件)の新着記事