Nintendo Switchのハードウェアに思うこと

switch_hardware_01

Nintendo Swtichが発表されたとき、据え置き&携帯ゲーム機でしかもコントローラーが取り外せて未来的なプロダクトを思わせるCMとなっていた。それは実現するのかと思ったのだが実現した。WiiUのおもちゃにディスプレイがついた感じと比べるとかなりハードウェアのデザインと質感も良くなっている。あの馬鹿でかい本体と、あの馬鹿でかいACアダプターが改善されたのにほとんど同じことができるだけで、非常に素晴らしいと思う。ディスプレイを接続したドックの動きもなかなかよい。本体をドックに装着すると画面がすぐにディスプレイに切り替わる。ゲームをあまりやらない人にとって、テレビの横にドックを置くかどうかが迷うところ。Nintendo Switchがメディアプレイヤーになれば生活はかなり変わるんじゃないかなと思う。

torneに対応してくれて、YoutubeやAmazon Prime Videoや各種オンライン動画サービスにだけでも対応してくれると、ディスプレイでも手元でもマルチメディアが楽しめるようになるというのはすごい便利だし、このハードウェアで実現したいなと非常に強く思うくらい処理速度もよいし画質も悪くはない。

そしてドック側。サイズ感もコンパクトである。なによりUSB端子がいくつかある。これはコントローラーを繋いだり充電したりするとおもうのだが、ディスプレイの横のUSB端子である。スマホ充電やその他諸々の充電もできる。そうなってくると生活に溶け込むハードウェアのひとつになるのかなと。更にHDMIセレクタなどがついていれば、例えばメディア再生をソフトウェアで実現しなくともFire TVやApple TVも接続できるのではないか。Switchのコントローラーで操作できたら最高だ。AIスピーカーが盛り上がっていて据え置きが徐々になくなってきているリビング環境で、新しい場所を取り合う。そこに食い込めるポテンシャルはあるなと。(なお本体の画面スタンドは角度がいまいち、そこが欠点)

ということを思いながら、久しぶりのリビングに置けることになった据え置き機で、夜な夜なスプラトゥーン2をプレイしている。

コラム (11件)の新着記事