iPad Air (iPad第5世代)とiPad mini Retinaが発売!所感

ipad-air-01

年に1回のiPadのリリース。前回は「新しいiPad」という名前だったが、iPad Airになりました。第5世代のiPad。今回の主な変更点はサイズだろう。 薄さが7.5mmになり、重量が469g(wi-fi版)、iPad4は厚さ9.4mm、重量652gだったので、かなり軽量になったといえる。本体サイズが大きいので、手に持つとかなり軽く感じるのではないだろうか。iPad4の発売の時はサイズ面でがっかりしたが、iPad Airではかなり頑張ってくれた。200gは大きいスマートフォン1台分程度。あと地味に幅が185.7mmから169mmに変更されているのも嬉しい。

そもそもサイズ面でノートパソコンと競合するサイズではあるが、サイズ感はなかなか良くなっているのではないかと思う。他のハードウェアスペックに関しては、通常のアップデートに近く、指紋認証は無いが、A7を搭載している。カメラに関しては毎度のことだが、特にサプライズはナシの最新版は搭載されていない。相変わらずハードウェアの造形は良さそう。そろそろホームボタンをなくしてもいいと思うんだけど。あえて言えばサイズ面以外ではできる事も変わらない。M7がどう作用するかくらいでしょうか。あとWi-Fi版にも早くGPSを付けてほしいなあという位。

値段は16GBが51,800円、32GBが61,800円、64GBが71,800円、128GBが81,800円。ちょっと高いが、綺麗にMacbook Airに繋がる価格設定。初代iPadとiPad4を購入してなかなか使いどころがないが、iPad4からiPad Airには置き換えてもよい気がしているが、、

今回の発表では第2世代のiPad miniも発表され予想通りRetinaに対応したが、厚さと重さが増した。これはiPad2からiPad3に変化する時と同じ流れでハードウェア的にはiPad mini3で改良されてくるようにも思える。iPad miniもRetina搭載と同時に、iPad Airのようなアプローチがあれば、今回の大きなサプライズだったような気がする。厚さがiPad AirとiPad mini Retinaは同じになり7.5mm厚になった。重量は331gとiPad Airと130gしか変わらない。

Apple (26件)に関する新着情報

ニュース (24件)の新着記事