アガベのカキコには腰水が良さそう

agave-kakiko

親株はアガベ チタノータ 白鯨

アガベの植え替えの時は子株をそのまあ残したままにすることが多いのだけれども、あまりにも可哀想だったので子株を取り、植え替えてやった。アガベの子供はどうも上手く育てられなくて元気がなくなってしまう。多分親と同じ水やりタイミングだからだろうということで水やりの回数は少ないのだろう。

2鉢のうち片方を腰水にしたら赤みも取れて元気になった。ただ大人の株に腰水をやると徒長する可能性が非常に高いので、子株を分けたあとに新しい葉が展開するまでは腰水にするのが有効かもしれない。

agave-kakiko−02

ちなみに、腰水にして少ししたら、(アガベは元々スリッド鉢のスリッドを無視して根っこが生えるけれども)、根っこがスリットから出てきてしまった。でも生命感を感じられてよい。これ以上頑張られると平置きの時に不安定になってしまうのだが…。実験のため右の株は可哀想だけれども、私の水やりルールに合わせていただくとする。

アガベ (2件)に関する新着情報

植物 (10件)の新着記事